一世一代のオシャレ玉砕(笑)

3 9月, 2014 (12:23)

  スペシャル

昔ライブに行くって事になって、ライブ会場は自分の家よりちょっと都会にあったんで、これは田舎から来たって思われたくないって一心で、一世一代のオシャレをする事に決めた。(笑)

田舎にいる人は、多分全員都会に憧れがあって田舎に劣等感があると思うんだけど、とりあえず俺はそうで・・・(笑)

そうすると都会に人に田舎もんだってバレたくないのと、都会の人に認められたいので頑張ってみた!

しかし頑張るって言ってもどういう服がオシャレなのかわからないから、雑誌とか見て研究していたんだけど、当時はBOOWYが流行っていたんで、BOOWYのヴォーカルの氷室京介がライブでスーツを着ていたのを思い出して、俺も同じ黒のスーツで行こう!と決めた。

しかし黒いスーツを持っていなかったんでデパートに見に行ったんだけど、田舎のデパートのスーツ売り場に行ったところで、黒のスーツと言っても、田舎の葬式みたいなダッサい礼服みたいなのしか売ってないんで、しょうがないから、近所はあきらめて、1時間かけてライブ会場のある都会で服を買う事に決めた。

さすがに近所とは全然違っておしゃれなデザインの服があっちこっちに売っていて、自分が想像していたのに近いスーツを見つけたんでお買い上げ。

ライブはその日の為に購入した一張羅で挑む!!

しかし行ってみて気づいたのは、都会の人は、ライブに行くからと言って、特別なオシャレはしない~

気を抜いたようなラフな格好の中に、センスがきらりと光る!

それはオシャレじゃない俺でも一瞬で分かった!

わかったからこそ、その会場に、頑張ってきました的な一張羅で気合入ってやってきた俺は、とにかく浮きまくっていて、恥ずかしくて帰りたくなった・・・