灰色のこの日

24 12月, 2014 (20:28)

  暗い森

俺は今日まで何度か地獄を見てきている。
死を覚悟するような目にも何度かあっているし、全てを失いそうになった事も1度や2度ではないーー

現に仕事や大金を失った事もあれば、裏切られた事も1度2度ではない!

しかし自分をそういう目に合わせた人を恨んだことはない。

何故なら、そういう状況に乗っかったのも自分だし、自分はそいつのおかげでひどい目にあったと思っているけど、実は相手も俺のせいで失敗したと思っているかもしれない。

当然俺のせいではないんだけど、誰かが一方的に悪いという事はないとすれば、自分もかかわっている以上、無関係ではないし、全ての非は自分にもあると考えた方が気が楽だ。

死んだら地獄に行くっていう言葉があるけど、死んでしまえばそこで終わるんで、死ぬのは辛いけど、そこで終われるからある意味良い。

後悔はあるだろうけど、後悔したってもうそこで終わる。

しかし生きていたら、辛い事も楽しい事も続いてしまう。これってある意味地獄だと思う。

楽しい事だけが続くのであればいいんだけど、一度手にした幸せも、いつかは失うし、死んでしまうならそこで痛みからも解放されるけど、生きのびてしまったら、一生痛みに苦しまされるかもしれない。

だから、生きるっていう事が一番の地獄だし、辛い事だけではない。辛い事だけではないけど、楽しい事だけではないし、一度手にしたものを失うのは辛い。

元々無いより、辛いかもしれない。

凹んだ日は悲観的になるけど、俺には守る家族がいる。

家族のことを思い出せば、頑張る、明日も頑張る!